会社沿革

 

 

 

 

大正 5年

先代社長萩原与三郎が西尾商店から独立、個人企業として創業しました。

 

 

 

 

昭和26年

資本金100万円をもって法人組織に改組しました。

 

 

 

 

昭和35年

大阪市東区和泉町に倉庫を新設しました。

 

 

 

 

昭和41年

倉庫を増築。500余人の参集を得て、創業50周年記念行事を太閤園にて開催しました。

 

 

 

 

昭和42年

資本金を300万円に増資し、小型スリッターを新設。倉庫を工場に改築。

 

 

 

 

昭和45年

工場を改築しスリッターを1基増設、計2基としました。

 

 

 

 

昭和46年

株式会社萩原与三郎商店より現称号「萩原鋼業」に変更し、同時に資本金を600万円に増資しました。

 

 

 

 

昭和48年

現所在地に事務所、工場ともに新築、移転し、スリッターを増設しました。同時に、オフィス・コンピュータを導入しました。

 

 

 

 

昭和49年

資本金を1,200万円に増資しました。

 

 

 

 

昭和54年

スリッターを1基廃棄し、中型スリッターを新設しました。

 

 

 

 

昭和56年

コイル転倒機を新設しました。

 

 

 

 

昭和59年

工場を増設。また中型スリッターを増設、小型スリッター計2基、中型スリッター計2基としました。同時に資本金を3,600万円に増資しました。事務所を隣接地に新設、コンピュータをリプレースしました。

 

 

 

 

昭和61年

コイル紙巻機を新設しました。

 

 

 

 

昭和63年

コイル紙巻機を増設、計2基、コイル転倒機を1基増設、計2基にしました。工場を改築、中2階を増設。約170uの事務所を新設しました。将来中型スリッター増設のためのスペースができました。

 

 

 

 

平成 元年

中型スリッター1台を増設しました。計5台のスリッターの設備になりました。10tトラックを1台導入しました。

 

 

 

 

平成 2年

中型スリッターの改造を行い原コイル巾を675mmまで可能にしました。コンピュータのリプレースを行い大きく能力アップし、製造の一部を残し全てコンピュータ化されました。10tトラックを導入、計2台になりました。

 

 

 

 

平成 3年

工場を一部改造し夏期の暑さに対処するようにしました。組織を改変し責任体制を確立しました。

 

 

 

 

平成 4年

中型スリッター1台のリコイラーを改造し一部ドラム式にしました。紙巻自動梱包機をリプレース。大巾能力アップになりました。年末に社員全員(一部家族同伴)で、オーストラリア旅行をしました。

 

 

 

 

平成 5年

営業部の大改造を実施、若返りをはかりました。

 

 

 

 

平成 6年

弊社ユーザーと共同出資で中国(深圳)にプレス工場設立。

 

 

 

 

平成 8年

オフィスコンピュータに代わり、パーソナルコンピュータを導入し、より高度な管理体制を確立しました。

 

 

 

 

平成 9年

中型スリッターの一台にロールテンションを導入し、より高品質体制を確立しました。

 

 

 

 

平成11年

スリッター2台を大改造。ユーザー各位の要求にさらに的確に、かつ使用しやすい製品を作るために最新鋭技術を導入しました。

 

 

 

 

平成13年

三重県上野市に新工場を設立。大型スリッター1台、小型スリッター1台、ミニレベラー1台で操業を開始しました。また、三重工場にも営業部員を常駐しました。

 

 

 

 

平成15年

取締役会において、取締役の改選を行いました。

 

 

 

 

平成16年

取締役会において、取締役の改選を行いました。

 

 

 

 

平成17年

愛知県に名古屋営業所を開設しました。

 

 

 

HOME / 会社案内 / 会社沿革 / 設備案内 / 製品案内 / お問合せ 

 

 

 

Copyright(c) 2002-2018 Hagiwara Steel Co.,Ltd. All Right Reserved